ヘモグロビンa1cその他体内悪玉を撃退│体を研ぎ澄ませ

薬

糖質を制限する

食事

糖質制限食は、味付けの工夫が必要です。味付けの濃いおかずを食べると、ご飯やパンが欲しくなるので注意しましょう。また自分で調整する方法もいいですが、いまは糖質制限食が市販もされています。

もっと見る

抗酸化作用が高い飲料

青汁

大麦若葉の青汁は、クセがなく飲みやすいのが特徴です。抗酸化作用が高く、細胞が老化するのを予防する効果があります。メラニンが増えるのを抑える効果もあり、摂取するとシミやしわができにくい環境に整えてくれるそうです。

もっと見る

飲みやすいと評判の青汁

飲み物を持つ

口コミでも人気になっているのがえがおの青汁です。抹茶の風味がとても飲みやすいと評判で、野菜不足解消にも役立ちます。また、新鮮な栄養をしっかりと取るためにも、飲む直前に作るのが大切です。作ってすぐに飲めない場合には、しっかりと冷蔵庫に入れておきましょう。

もっと見る

糖尿病の重要な指標

ヘモグロビンa1cを下げる際に必要な成分を補うことができる健康食品をこちらのサイトで紹介しています。

数値が高いとリスクも高い

サプリメント

糖尿病のリスクを知るために重要な数値といえば言わずと知れた血糖値ですが、これと同じぐらい重要だと言われているのがヘモグロビンa1cです。ヘモグロビンa1cは糖化ヘモグロビンとも呼ばれ、その量は血液検査を行う際の検査項目の1つとなっています。 ヘモグロビンは赤血球の中に含まれる物質で、血管内を巡回して全身に酸素を運ぶ役割を担っています。その一方で、ヘモグロビンは血中にある余分なブドウ糖と結合しやすいという性質を持っています。 この、ヘモグロビンがブドウ糖と結合した状態のものをヘモグロビンa1cといいます。つまりヘモグロビンa1cの値が高いということは、それだけ血液中に余分な糖分が存在するということになります。

血糖値より変動しにくい

ヘモグロビンa1c値の特徴は、過去1〜2か月程度の平均的な血糖状態を知ることができる点にあります。血糖値の場合は空腹時か満腹時か、あるいは検査時間が午前か午後かによって数値が大きく変化することがあります。一方、ヘモグロビンはおおよそ4か月という比較的長いサイクルで生成から死滅を繰り返しています。そのため、より安定した値となるのです。現在、国際基準によるヘモグロビンa1cの正常値は、6.2パーセント未満とされています。この数値を上回るようだと糖尿病のリスクが高いということになるので、食事制限などによって数値を下げる必要があります。ただ注意が必要なのは、逆にあまり低過ぎると貧血症など他の疾病のリスクがあるということです。数値のコントロールは、医師の指示にしたがいながら適正な範囲で行うことが重要です。また医師に相談しながら、上手にサプリメントも取り入れていきましょう。サプリメントでもヘモグロビンa1cを下げる効果が期待出来る商品が多数あります。単品での購入や定期的な購入など、自分の体調やお財布状況に応じて選択可能です。